身元保証人

身元保証人とは、個人が会社に入社する際などに、その個人の責任で会社に損害が発生した場合は、私も責任を負いますという契約をした者です。多くの会社は入社の際、身元保証契約書を請求しています。例えば、大学を卒業して会社に就職する際には、父と更に生計を別にする他の人の合計二人を身元保証人としている場合が多いようです。万が一、社員が会社で使い込みなどをしたり重大な事故を起こすと、社員個人一人では弁償し切れないので身元保証人に請求が来ることになります。

また、身元保証人の弁償の限度額は決められていないので無制限と言って良いです。そこで、身元保証人の責任が過重にならないように、「身元保証に関する法律」が決められています。この法律の大切なポイントは次の通りです。

 身元保証契約の存続期間は原則3年であるが、期間を決めた場合は5年とすることができる。

 被用者の勤務内容等に変更があった場合は、使用者は身元保証人へ通知しなければならない。

 2の場合、身元保証人は将来に向かって契約を解除することができる。

事故が発生した場合の対処法

使い込みなどの事故が発生した場合は、会社は当然身元保証人に全額被害弁償を請求してくるでしょう。しかし、すんなり言われるままに全額支払うことは納得できません。何故なら、例えば使い込みであるなら、本来上司などの管理者の監督が十分であればこのようなことは起こらないはずだからです。会社側の監督不行届も原因の一つと考えられるという話し合いはすべきです。また、身元保証人がいくらぐらいなら支払うことができるかを伝え、分割払いの交渉もしてみる価値はあります。身元保証人自身での交渉が難しいようであれば、弁護士などの専門家に依頼することも必要でしょう。但し、場合によっては弁護士費用の方が高くなる可能性もあります。前もって費用の見積りを依頼しておきましょう。