保証人の悪夢

悪夢その

大学時代の友人と久しぶりにバッタリ街中で遭った。その日の夜は、酒を飲み交わしながら、大学時代の学生生活の話で盛り上がった。彼は大学卒業後、大手の都市銀行に就職したが、その銀行は倒産し、現在は中堅の損害保険会社に勤務しているという話だった。その夜は、名刺を交換し別れた。

それから数日後、彼から電話があった。100万円クレジット会社から借りるので、保証人になってもらえないかという依頼だった。1か月後にはボーナスで完済するので迷惑など絶対掛けないという話である。あまり気が進まなかったが、すぐ完済するということなので、問題ないだろうと思い保証人になることにした。その日の昼休みに彼が私の会社まで契約書を持参したので、保証人欄に署名し免許証のコピーを渡した。「コーカイクレジット」という名前も聞いたことのない会社だった。

それから更に3か月後、どすの効いた低い声の男の人から突然電話があった。彼から入金がないので、全額払ったくれと言う。利息払いが続いていたので、100万円近くの元金が残っているという話である。その日のうちに何回も請求の電話があったので、仕方なく利息分だけ送金した。

その後、本人について調べてみると、1か月前に会社を辞め妻とは離婚したそうだ。大学時代の友人の何人かが同じように保証人になった者がいるようだ。彼の実家は、長崎の雲仙のど田舎だと聞いたことがある。そちらにも連絡はなく、毎日のように見知らぬ人から電話があるが、連絡が取れずに困っているらしい。「あっちこっちからお金を借りて迷惑をかけているようで申し訳ありません」と年老いた母が電話口で謝っていた。この先、どうやって100万円返そうかと思案中である。

※以上の事例は、保証契約に関するトラブルを理解しやすいようにするためのフィクションです。
>>> 保証人の悪夢2